FC2ブログ
プロフィール

西沢智治

Author:西沢智治
■誕生日:7月21日
■出身地:東京都
■血液型:A型
■身長:173cm
■体重:64kg
 
■趣味:バイク/車/自作パソコン 他
■特技:体を動かす事 ラグビ- 英会話
■好きな食べ物:メロン 甘いもの
■好きな映画:アクション物
■好きな本・漫画:「ベルセルク」
「バガボンド」「20世紀少年」   

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


 

2018年12月12日(水)
偶然とは時に・・・

 

プロフィールを整理していたら


昔の事を思い出したので


以前に書いた記事を直して


書いちゃおうと思います!




あれは2008年の


「相棒」元旦スペシャルの


撮影現場での出来事です・・・


その元旦スペシャルのエピソードは


遊園地に爆弾が仕掛けられるお話でした。


そのお話に


僕は出演している事は


しているのですが


恐らく、誰が見ても僕とは判らなかったと思います。



何故なら、


遊園地のシーンで動物の着ぐるみに入っていたからです。


そりゃ、わかんないですよね


でも色々と運命を感じた現場なのです・・・・




まず、ロケ現場が


僕になじみの深い


“TOKYOドームアトラクションズ“


だったのです。


知っているとは思いますが


いわゆる


‘後楽園遊園地’


です。



当時僕は遊園地内にある


“スカイシアター”


で開催されていた


ヒーローショーに


スーツアクターとして


出演しておりました。


“スカイシアター”とは


今の


 ’Gロッソ‘ 


の前身である


野外劇場から移転してきた


仮設ステージの事です。



仮説といっても6年位やりましたけどね・・



僕を育ててくれた


ヒーローショーの聖地です!



でもその日は


「相棒」の撮影で訪れました。


現場に到着したら、


スタッフの方に、


「こちらです!」といわれ


“スカイシアター”


に案内されました。


おいおいいきなりかよ?


と思いながら


その方の後に付いて行くと


見なれたステージの


見なれたバックステージに


案内されました。


そしてその方が、


「この着ぐるみです。」


と指差しました。



がなんと!?



その場所は!?!?・・




僕がいつも着替えている場所ではありませんか!?



そうです。



僕の場所である


僕がいつも着替えているベンチに、


いつも置いてあるかのように


見なれない


衣装がおいてある・・・




僕の場所である


僕がいつもヒーローに着替えているベンチに、


いつも置いてあるかのように


見なれない


くまさんがおいてある・・・




ではないですか




思わず


「知ってたんですか?」


と聞きたくなりましたが


息をのみました。



するとその方が気を使ってくれて、


「着替える場所なんですけど・・・・・・」


と言ったので、


「ここで大丈夫です。」


と胸を張って答えました。


そして思わず、



「いつもここですから



と言ってしまいました。


するとその方が、


「はい?」


と聞き返されたので、


「ここで全然大丈夫です。」


これまた胸を張って言っちゃいました。


きっとあの方は・・・



何が大丈夫なんだ? 


むしろお前が大丈夫か? 


ていうか


‘全然大丈夫’


って日本語おかしいだろ?



・・・と思われたに違いありません。



でも僕は


偶然?というか


運命?という


この出来事が


面白くて面白くて仕方が無かったのです。



スタッフさんごめんなさい


この場を借りてお詫びさせて頂きます。
 



因みにその後、


このあまりに面白い出来事を


誰かに伝えたくて伝えたくてしょうがなくなり、


でもわかる人が限定される事に気づき


スカイシアターの仲間達に



「俺の所にくまさんがぁ~


・・・と


片っ端からメールしたのは言うまでもありません



本当に運命ってあるんだなぁ~


そして運命とは


時に


笑いを運んできてくれるのだなぁ~


と実感した現場でした




・・・・という


偶然が運んでくれた


10年前の


寒い冬の出来事でした・・・



よかったら


そんな


くまさんを


探してみてください



一応、ドンチャックを意識して


芝居しましたので




多分映ってないけどね・・・・




おしまい 




スポンサーサイト
 
 

2018年01月02日(火)
あけましておめでとうございます!!

 

あけちゃいましたね!



皆様、おげんきですか?





このブログを読んでる




物好きな方々に愛をこめて・・・






かなりご無沙汰しちゃいました。







そしてそれには訳があります。



今日は
新年を迎え、


色々落ち着いたので



じっくり書いてみようと思います。





実は・・・






結論から言っちゃいますが、



何をしていたかというと・・・





入院したり・・・



手術したり・・・



しておりました


てへぺロ




驚きました??




まあ、こんな仕事をしているので


どこかが痛いのはいつもなのですが・・・



今回もいつものように


すぐに良くなるだろうと


軽く考えておりましたら、


どんどん痛みが増していって、


しまいには足が痺れてきて、


最後には歩けなくなりました・・・


三か月程、ほぼ寝たきり&車椅子生活です




原因は、腰のヘルニアです。


いわゆる、椎間板ヘルニアと


いうやつです。




少し簡単に解説しますと、


ヘルニアとは軟骨の中身が出ちゃう


病気?というか怪我?というか?・・・


な感じのものです。


わかりやすくスイーツに例えると、


シュークリーム食べようとしたら


反対側からカスタードクリームが


ブチュ!って出ちゃう!


・・・みたいな感じです。


その症状はまさに千差万別でして、


人によっては色々な事がおこるものなのです。


なぜかというと、


ヘルニア自体は飛び出すだけなんです。


だから飛び出してるけど


何も起こらない人もいるんです。


問題はその飛び出した先に


何があるかということなのです。



僕の場合、


ヘルニア自体は比較的小さいものでした。


ですが飛び出した先には、


下半身の神経がありました。


下半身の神経は一本しかないらしいのです。


その一本にすべてが集約されているそうです。


そして


その一本に


ヘルニア君が


見事に


突き刺さってしまったわけです・・・・・


ちなみに


突き刺さっても


大丈夫な人もいるらしいです。


何故なら、


神経のここをさわると


ここが痛くなる、


と決まっている訳ではないからです。


人間の神経のすべては


まだ医学で解明されていないのでしょう。



そして僕の場合は、


見事に神経が大暴れしまして、


激痛により


まっすぐ立てなくなり、


歩く事も出来ず、


車椅子を購入する羽目になりました・・・。



そしてこれまた簡単にいいますと、


最初に入院した病院では治らずに、


違う病院で手術をしてもらいまして、


クリスマス前位に


ようやく


すべてから解放されました。



ですが


寝たきり生活によって


かなり体がグレードダウンしまして


復帰にむけて


リハビリをしようと思っている所に


今度は年末から風邪をひき、


新年早々、


高熱で寝込むという・・・・





今は熱が下がらなくてつらい・・・




悲しすぎる・・・




・・・とまあ


そのヘルニア一連の事を


じっくり書こうと思ったのですが


詳しく書くとかなりのボリュームなので


小分けにしようと思います。




新年早々、


ネガティブな事は言いたくないしね




実は入院日記!と題して


いくつか


長めのブログの記事を


書いていたのです。



ですが全部消しました。



入院してもぜんぜん痛みがとれず、


もしかしたら


このまま歩けなくなるかもしれない


という不安に常に付きまとわれ、


先が見えない状況で記事を書いても


ネガティブな言葉しか出てこないんです。



そんな状況で、のんきに


「今日から入院で~す~!」


とか書いても


なんかちがうな、と。



入院してるスタントマンって


なんかかっこ悪いなと。



だって魚が溺れたら


かっこ悪いですよね?



なにやってんだお前?・・・


って感じじゃないですか?



そんな事してる暇があったら


ヘルニアと正面から


真っ向勝負しろよ!



・・・と自分自身に思いまして


入院中って結構時間があるので、


ブログにかける時間をすべて


ヘルニアのリサーチに費やしました。



ネット上に転がってる経験談や


レビューなどを毎日拾い集め、


僕のヘルニアは何なのかを


リサーチしまくりました。


思い切り


正面から勝負してやりましたよ!



まあ、基本的に


病院のベッドの上なので


出来る事に制限はありますけどね・・・



その結果、


今回手術をしてもらった病院に


たどりつき、


無事に痛みから


解放される事になるわけです!



そんな訳で


長々と沈黙してすみませんでした


でももう大丈夫です




2018年は


身も心も新しくなった


西沢智治をお届けしますよ!





今回のヘルニアのおかげで


この世の中には、


病気や怪我や、


高齢化問題等で、


笑顔を失ってる人達が


沢山いる事を知りました。


微力だけど、


僕の力、


いや僕達の力で


一人でも多くの人々を


笑顔にしなきゃいけないんだって


心から思いました。



だってこの三カ月、


僕が笑顔にならなかったからね



なのでまずは、


体をあせらずゆっくり確実に、


もとにもどしていきたいと思います。



そのためにまずは・・・・





風邪なおさないとな・・・・・


インフルじゃなきゃいいな・・・


正月は病院やってねえし・・・・






病院日記はまた改めてね。


正月早々ネガティブな記事もねぇ~







では最後に・・・



あけましておめでとうございます!

今年もよろしくお願い致します!






 
 

2015年08月01日(土)
暑いですなぁ・・・

 
ご無沙汰しすぎて

自分でもブログの存在を

忘れてしまう所でした・・・・

なんだか忙しいような・・・

そうでもないような・・・

いろいろありすぎて

何を書いたらいいのやら・・・

とりあえず今日は

お知らせ書きます。

8/3から六本木テレビ朝日で

やっておりますショーに出演します。

なにをやるかは言えませんが

何かをやる事だけは確か!

7日までやってます。

あとは・・・

明日は秋葉原UDXだったり

するらしい・・・

今年の夏は色々な所に

出没する予定です

実はライダーライブもやってたりして・・・

残り長野公演だけだったりして・・・

色々事後報告で

すみません

とにかく元気に

お仕事はしてます!

相変わらず

痛いお仕事が多いですけどね・・・

暑さがはんぱねぇです。

皆様も気をつけて

くださいね

今日はこれくらいで!


P.S. ちなみに「ソロモンの偽証」の僕のシーン・・・

    全面カットでした・・・

    腕と声は映ってます・・・

    セリフあったのに・・・

    まあしょうがないです。でも・・・

    二階から洗濯機の上に落ちるというスタントしたんですけどね・・・

    カットです・・・・

    セリフはしょうがないけど・・・

    せめて・・・

    痛かったやつは・・

    残して欲しかった・・・・

    二階から洗濯機の上に背中から落ちて・・・

    大丈夫!・・・の訳ないんですけどね・・・

    しょうがないです!・・・
 
 

2014年09月11日(木)
IN the HERO ・・・

 
お元気ですか?

色々ありまして

ご無沙汰してしまいましたが

西沢は元気です。

夏は色々やっておりました。

発表出来ないことだらけなので

情報解禁になりましたら

順次お伝えしていきますね。


さて、なぜ久しぶりに筆をとったかと

申しますと

先日「In the hero」をみて参りました。

皆様ご存知、唐沢寿明さん主演の

いわゆる私達のお仕事のお話を

題材にした映画です。

唐沢さんは昔東映のアクションチームに

所属しておりまして

アクション界出身という希少なトップ俳優さんです。

普段、日の当らない僕たちの業界に

今回ちょっとだけ日の光を当ててくれました。

映画なのでかなり脚色されていたり、

かなり事実とは異なったりしますし、

唐沢さん以外がやったら

なんの説得力もない映画に

なってしまいますが、

見て参りました。

( こっから先は、ネタばれ入ってます。
見てない方は読まない方がいいかもです )



結果・・・・


私・・・

久々に・・・



・・・・号泣しました。




恐らく普通のお客さんが

なんとも思わない所で

涙が止まりませんでした。

そして普通なら感動する

ラストの大立ち回りは

めちゃめちゃ冷静に見ました。

職業病ですね・・・


唐沢さんも僕の思いが詰まった映画ですと

おっしゃってましたが

唐沢さんの一言一言が

僕の胸に突き刺さりました。

そしてこの映画を世に出してくれて

本当に感謝いたしました


映画の中の大事なシーンで

唐沢さんがおっしゃいます。

「俺がやらなきゃアクションに夢が

なくなる」と・・・・

そのとおりなんです!

ぶっちゃけますけど

アクションに夢なんかないんです!

映画の主人公は貧乏してますけど

あんな仕事あったら天国ですよ!

実際はあれの半分も仕事ないです!

アクションをやっているすべての人が

貧乏してますし、誰も儲かってないんです。

それでも

僕もこのブログで散々言いましたけど、

お仕事に命かけてるんです!!

映画でも少し触れてくれましたけど

アクションという専門技術を身につけ、

例えば吹き替えのお仕事なら、

吹き替える役者さんのお芝居を

一生懸命研究します。癖だったり

立ち方だったり、歩き方だったり。

そしてその方がやったかごとく

スタントするわけです。

自分の顔は絶対ばれないように。

そしてそれは

うまくいけば吹き替えた役者さんの

手柄になるわけです。

自分自身も俳優なのに

顔が映ればNGなんです。

そこまでやっても

名前すらクレジットされない事も

多々あります。

映画でも娘に

「お父さん俳優じゃないでしょ?」

とまで言われます。

それでも影武者に徹する。

それが日本のアクション俳優の

実情です。

そんなアクションというお仕事に

夢なんかありますか?

全然ないですよ!!

でもそれでも、僕たちは

そして多くの名前も知られていない

先輩アクション俳優達も

みんなみんなみんな

命かけてるんです!!

本当に命をおとした方々もいます。

命をかけてそのシーンに臨み、

本当に命を落とし、

命かけたそのシーンが世に出ない。

そんなことだってあるんです!!

ほんとに夢のかけらもないですよ!

でもそれでもそれでも

僕たちは

お仕事に命かけてます。


唐沢さんは僕らの夢と希望と期待を

一身に背負って、

この映画に臨まれたのだと思います。

その証拠に

ほとんどご自身でアクションされてます。

僕はこの映画には参加しませんでしたが

最後に黒忍者全員で白忍者を迎える所は

僕も黒忍者の一員になってました。

すべてのアクションに携わる方々は

みんな同じ気持ちだったと思います。

この映画に携わった皆様のご苦労に

心より感謝致します。



ただ・・・

ふつうの方にはどうみえるのでしょうか?

上映後にまわりの声に耳を

傾けていたのですが

あまり納得されてないような方が

多かったように感じました。

僕の場合、感動ポイントが

違いますから参考には

しないでくださいね。

ちなみに娘に

「お父さん俳優じゃないでしょ?」

と言われるシーン、

号泣でした


確かに最後の方は、

ムムム!? という感じは

ありましたが

皆様はどう感じましたか?

みられた方いらっしゃいましたら

感想を教えてください。

お金を払ってみているのですから

好きな事言っていいと思います。

100人いたら100通りの感じ方がある。

それが映画ですから


もし続編があるのなら

次回はもう少しリアルに

描いて頂けるとありがたいな。

でもそれだと面白くないよな。

本当はテーピングだらけで仕事を

しているシーンとか入れたら

誰もアクションやらなくなりますよね?

なんてたって

夢のない世界ですからね


それにしてもこの映画、唐沢さんでなければ

成立しない映画です。

台詞通り、唐沢さんに

やって頂いたおかげで

アクションに

ほんのちょっとでも夢が生まれたら

本当にありがたいです。

僕ごときに感謝されても迷惑でしょうけど・・・

ちなみに共演されている寺島さんも

こちら側の世界を経験されている方です。

みなさんの台詞の一つ一つが

重みのある映画でした。

よかったら二回目からは

その辺を気にしてみて頂ければ

また違った楽しみが

増えるかもしれませんよ!



アクションには夢がないけど


「唐沢さんみたいになろう!」


という夢をもてた

映画でした


なんか愚痴っぽくなってしまいましたけど

最後に一つだけ言わせてもらいます。


アクションには夢がないかもしれないけど

アクションで人に夢を与える事は出来るんです。

そう僕は信じています。


それが僕の夢です



長文失礼致しました


おしまい






P.S.好き勝手いわせてもらいました。

気分を害された方いらしたらすみません。

一個人の勝手な感想ですから

きにしないでくださいね

 
 

2011年08月18日(木)
僕だって…僕だって…

 
今日は

僕だって人間だ!

というお話…

こういう仕事をしてますと

超人とか

怖いもの知らずと

思われがちでして、

スタントの現場に行っても

階段落ちって痛くないの?

とか

こんな所から落っこちて怖くないの?

とか聞かれます。

え~…


痛いし怖いです


皆様が痛い事は僕も痛いですし、

皆様が怖い事は僕も怖いです。

ただそれらを

最小限に食い止める訓練をしているだけで

無くなる事はないのです。

簡単に言えば

骨折を打撲で済むようにしているだけで

痛いものは痛いという事です。

それだけは

心より切にわかっていただきたい…

そう思っております。


なんでこんな話を急にしたかと申しますと

今足が痛いんです

こう言うと

アクションやってると

怪我とかして大変だよね~

とか思われますよね?

立ち回りとかって危ないよね~

とか思われますよね??

違うんです。

昨日、家で足の小指を

椅子にぶつけたんです

血がでるくらい……

なぜ小指って逃げ遅れるのでしょうか??

血がでるくらい逃げ遅れるって…

僕の脳の指令は

足の小指まで届かないのでしょうか??

どんだけぶつけるんだよ

ていうか

もう少し手加減しろよ

ていうか

俺のバカぁぁぁ


皆様…

足の小指…

気をつけてくださいね。